2014年9月 « トップへ » 2015年7月

2014年11月13日

当医院での経験が、あなたの歯科医師人生にどのような安定と成長をもたらすか?

「勤務先の先生から言われたことだけの診療をしている」
「保険診療を行うばかりで、患者さんにとって必要な自費の技術に自信がない」
「最新の機器に興味があるけど、自分の身近にはなく、経験ができない」
「漫然と歯を削る日々を過ごしている」
「セミナーなどに参加するにも何から学んだらいいのか漠然としている」
「開業をしたいけど、実際の【経営】がよくわからない」
「歯科業界にいながら業界がこの先どのようになっていくかよくわからない」
「自分の歯科医師としての10年後20年後が見えない」
「今の経験を続けていった先にどんな未来が待っているのか」
「自分にとっての目指すべき歯科医師は誰なのだろうか」
「本当に必要な技術を求められた時に自分の技術でそれにこたえられるか不安」
「患者さんにとって本当に必要とされる歯科医師に自分はなれるだろうか」
「開業して果たして安定した経営を自分にはできるだろうか」

ここに挙がっている悩みや不安はきっと多くの歯科医師の先生が直面するものではないかと思います。

そんな思いを抱える日々がもし解決でき、より多くの経験ができるとしたら
自分の人生がどのように変わると思いますか?

私も歯科医師である以上このような悩みを抱えていた一人です。

しかし払拭し、さらに将来を思い描くようになりました。

当医院は患者さんにとって安心を提供する医療機関であることはもちろん、
歯科医師やスタッフが、未来を担う医療人として成長できる施設としてもありたいと思っております。


なぜ、このような不安や悩みが生まれるのか?
多くの勤務医の先生が最初に勤務するところを選ぶときに、
「自分が入ってやっていけそうだなぁ。」
という潜在的な思いが大きく作用していると思います。

その上に、「給与」「場所」「雰囲気」などの条件で決めていると思います。

当然、自分に合っている職場や、やっていけそうな職場は「楽」かもしれません。
しかしそれが「安定」とは限らないのです。

「安定」というのは「同じことを繰り返し」であると同時に
「同じ結果しか得られない」ということを表していると思います。

そういった歯科医院で経験を積んだところで
果たして成長できるのでしょうか?
きっと冒頭に挙げた悩みや不安がおのずと生まれてくるとおもいます。

将来を考えたときに、
本当に勤務すべき医院の決め方も当然変わってきます。

私は年間を通して、
多くのセミナーやスタディグループに出席し、全国の優秀な先生方と交流をしています。

その先生方と話していると
やはり勤務する際には最初の段階で将来を見て入社したと話しています。

1.どのような勤務先が歯科医師にとっていい歯科医院なのか?
7328_MKJ_082712.jpgでは将来をみてどのような歯科医院を選ぶべきか。

それは、自分自身の【成長】が感じられるところでなければならないと思います。

【成長】は、「歩く」という例えることができます。

まず歩く前の直立の状態は姿勢が「安定」を示しています。
そこから一歩踏み出すことで、重心がズレ姿勢は「不安定」になります。
すると自然と踏み出した足を「安定」させよう体が動きます。
そこで一歩が完結します。
次の一歩も同じです、
一歩踏み出し姿勢が「不安定」となり、その一歩が地面に付くことで「安定」します。

このように自分を「不安定」な状態をつくり「安定」させようと体を動かします。

こうして人は歩き、目的の場所に進んで行きます。
これがまさに【成長】です。

【成長】は「踏み出すことによる【不安定】とその一歩を踏みしめる【安定】」を繰り替えすことなのです。

【安定】したところでは、見える景色も目的の場所へもいっこうに近づきません。
【不安定】、いわば自分を目的の場所へ近づくための【挑戦】の両方があってこそ
【成長】が得られ、

精神的な安定は【成長】という目的の場所へ向かっているという、
実感の中こそあると言えます。

空港通歯科医院で、【成長】できるのか?
心から【成長】を望む先生であれば、空港通歯科医院はそれにお応えできる環境です。

・様々な経験ができます。
・任せられる責任を感じることができます。
・教育のシステムがあります。
・自助努力をサポートします。
・医療がチームワークであることを意識できます。
・積極的に経営に参画できます。
・日々の気づきを得るメンター(師匠)がいます。

空港通歯科医院の7つの教育方針
1.マニュアルと模型による研修プログラム+日々のフォローアップによる技術習得
・空港通歯科医院には、マニュアルがあります。入社の3ヶ月を目安としたマニュアルプログラムをもとに、必要な知識を習得できます。また技術習得のために、GPアカデミー若年歯科医師向け実習教育講座によりマネキンでの実習も取り入れてます。
参照URL:
https://www.dentalpit.jp/dpit/html/gpacademy.html
・入社後マニュアルを利用した座学より医院理念、医療人としての人間力を醸成しながら、実践での形成・セットなどのチェック、フォローを受け技術の向上を図れます。
・日々の症例の中から資料作成し、資料をもとにレクチャー教育しております。

2.圧倒的な経験数を積む環境で診療できます。
・歯科医師として一番その真価が問われるのは経験数です。私は勤務医から開業して今に至るまでの自信ともなったのはやはり「経験」だと思っております。
・当医院はショッピングモールの中にあるため、小児から高齢者まで幅広い年齢層の患者様が多く来院されます。そのため偏りなく様々な患者さまの症例を経験することが可能です。開業をする先生が、偏った年齢層の経験では患者様の期待に応えることは難しいです。そういった意味では、経験当医院の環境はあると思います。
・しかし、無理な患者さんを診てもらうようなことは、先生にとっても、当然患者様にとってもいいことはありません。診療する勤務医の先生にとって必要な経験ができるようにしっかりとフォローアップすることで飛躍的に成長のスピードが高まると考えております。

2.スタッフによるチームワークによりサポート体制あります。
・当医院は何よりもチームワークを常に徹底しているため、メンバーに何かあればすぐにフォローアップする連携力があります。
・診療の状況を把握しながらペース配分も考慮し、患者さまに丁寧な治療を両立できるようにサポートしております。
・チームワークのために院内研修を行っております。スタッフ全員が同じ方向を向いて仕事していくための大切な機会となっております。

3.段階的にマネジメントを任せていきます。
・ある程度の経験を積んだ先生には、診療のマネジメントを徐々にお任せしておきます。
・診療の状況を把握しながらペース配分もでき、かつ丁寧な治療を行うことができるようになってほしいと思っております。

4.再植や移植のほか、インプラントなど、外科処置を勉強できます。
・当院は、OPEも多く扱っております。インプラントについては、第三者機関によるガイドデント認定歯科医院でもあります。
・見学からサポートまで入ってもらい、治療の経過もチェックでき、ともに症例検討を行う事で知識も深まります。
・希望があれば難しい症例の診断・治療も出来るようにサポートをしていきます。
・将来的には、何度の高い外科処置を行うことができるレベルに到達してもらえたらと思っております。

5.自費診療の治療が出来るようになります。

・通常は、自費診療は勤務医の先生の場合には診させてもらえない事が多いですが、スキルや説明の技術、診断力などが一定の水準が達したと判断したら、自分が担当して決めた患者様にたいして、積極的に治療してもらいます。その責任が成長と密接につながっています。
・経験に合わせて、徐々にフルマウスの治療も視野に入れ、治療計画立案なども取り組んでもらいます。明確なゴールの設定する力と技術が伴ったところで、自費治療を含めた大きな症例、何症例等の症例もチャレンジすることができます。
・常にチェック・アドバイス・フォローは心がけています。安心して挑戦してください。

6.歯科業界セミナーのみならず経営セミナー参加補助を用意してます。

・歯科医師向けのスキルアップセミナーは、高額の費用がかかるセミナーが多く、参加の負担が大きいものです。しかし当院の勤務医の先生には、経験として必要な指定のセミナーへは補助を行っており、大いに成長していただければと思っています。
・歯科業界のみならず、経営に必要なマネジメントや精神、人間力を醸成するためのセミナーにも積極的に参加してもらいたいと思っております。
・経営に関しても、収入面といったことも重要ですが、当医院はそれだけではとらえて��%8


2014年9月 « トップへ » 2015年7月


コールバック予約

▲ PAGE TOP